下水道汚泥や生ごみを発電エネルギーに100%転換

下水道汚泥や生ごみを発電エネルギーに100%転換

市民の協力でエコ行政を推進

by yui sawada
J-STORIES ー 微生物による発酵の力を活用するバイオマス発電は、生活や産業の廃棄物をエネルギー源に変える方策として多くの自治体が取り組んでいる。再処理の効率をどのように高めるかが課題だが、そのカギのひとつは、廃棄するゴミを分別する住民側の協力にある。 
日本で最大規模のバイオマス利活用センターを建設、クリーンな電力を生み出している愛知県豊橋市。この施設では、下水汚泥、し尿・浄化槽汚泥、生ごみを一括処理し、100%の効率でエネルギーに転換している。それには可燃ごみと生ごみを分別する市民の協力が不可欠だ、と同市は強調する。
同市のバイオマス発電は、下水汚泥とし尿、生ごみを液状にして混ぜ、それを発酵させてメタンガスを発生させる。     豊橋市上下水道局 提供
同市のバイオマス発電は、下水汚泥とし尿、生ごみを液状にして混ぜ、それを発酵させてメタンガスを発生させる。     豊橋市上下水道局 提供
ごみ分別を進める豊橋市民の取り組みには長い歴史がある。いまから47年前の昭和50年、同市の名所、葦毛湿原の遊歩道が訪問客のゴミで汚れる状況を懸念した住民が、ごみの持ち帰りなどを呼びかけ、全国に先駆けた「530(ゴミゼロ)運動」が始まった。
このキャンペーンには多くの市民が参加し、遊歩道だけでなく道路や公園、河川などに拡大。市当局も連携して、今では幼児教育や関連イベントの開催にまで協力の輪が広がっている。
もともと同市では可燃ごみと生ごみの分別はされていなかったが、2017年に同センターを稼働させるにあたり、市当局は地元市民約37万人に可燃ごみと生ごみを分別する必要性を訴えた。説明会の回数は500回以上にわたったという。
同市下水道局で処理施設の主幹を務めている正岡卓さんによると、家庭の生ごみと汚泥などを一括して処理できている自治体は、豊橋市以外、北海道に二か所ある。ただ、北海道の両自治体では、燃えるゴミと生ごみの分別対象人数が6万人弱で、豊橋市はおよそ6倍の規模で分別が行われている。
同市が他の多くの自治体より進んでいる理由について、正岡さんはJ-Storiesの取材に対し、市民による積極的な協力があることを挙げた。市内各地の生ごみをバイオマス利活用センターに集めるため、センターの近隣住民への説明では、ごみ収集車の匂いなどについて理解を得ることが難しかったものの、生ごみを分別する必要性に関して苦情は出ていないと正岡さんは言う。
回収した生ごみはビニール袋や貝殻、ガラスなどを取り除いた後、すりつぶしてドロドロの液状に変え、金属製の発酵用タンクに移す。    豊橋市上下水道局 提供
回収した生ごみはビニール袋や貝殻、ガラスなどを取り除いた後、すりつぶしてドロドロの液状に変え、金属製の発酵用タンクに移す。    豊橋市上下水道局 提供
同市の説明によると、同センターでは年間690万キロワット時(一般家庭1890世帯が消費する電力量)をバイオマス発電している。その過程で残った汚泥などは炭化燃料に変えて活用。下水道汚泥、し尿・浄化槽汚泥、生ごみのすべてが無駄なくエネルギーに転換できている。
このバイオマス発電を化石燃料に換算すると、温室効果ガス(CO2)を年間で約1万4000トン節約することになり、杉の木をおよそ100万本植樹した効果に匹敵するという。また、汚泥やゴミの処理工程を集約したことで、20年間で約120億円のコスト削減効果が見込めるとしている。
発酵タンクは、直径は21メートル、高さは18m、容量5000トン。この中に処理した汚泥や生ごみを投入、微生物の力でメタンなどのバイオガスを生成する。    豊橋市上下水道局 提供
発酵タンクは、直径は21メートル、高さは18m、容量5000トン。この中に処理した汚泥や生ごみを投入、微生物の力でメタンなどのバイオガスを生成する。    豊橋市上下水道局 提供
 豊橋市では、生ごみ用の指定ごみ袋制度も導入するとともに、発酵工程を妨げないよう、発酵を促す生ごみとそうでない可燃ごみの分別表を市のホームページにて公開している。
また、節約できたコストは災害対策に向けた下水道の更新費用として利用。同時に、市民の下水道処理費用の固定費上昇を抑える資金としても使っているという。
記事:澤田祐衣 編集:北松克朗 
トップ写真:bialasiewicz / Envato
この記事に関するお問い合わせは、 jstories@pacificbridge.jp にお寄せください。

***

上記の記事の内容は、動画リポート(英語)でもお伝えしています。

***

本記事の英語版は、こちらからご覧になれます。

***

この記事はJ-STORIESの独自取材に加え、以下のサイトの情報を参考にしています。

電力不足解消のヒントは“街に眠る資源”に?再生エネルギー最前線「バイオマス発電」

猛烈な暑さは、一旦落ち着きそうですが、政府による「節電要請」は9月末まで続きます。 日本の抱えるエネルギー問題を少しでも解消するため、身近なところから電気を作り出す取り組みが行われています。 ▽電力不足の切り札!?街に眠るエネルギー ゴミからエネルギーを作り出す その先進地が愛知県豊橋市です。 生ゴミが生み出す経済的な効果は…なんと6億円!一体どんな仕組みなのでしょうか? 収集車が向かった先は「バイオマス利活用センター」ここに画期的なシステムが… (山口豊アナウンサー)「巨大なタンクが見えるんですけどすごい大きさですね」 (豊橋市上下水道局 正岡卓さん)「これは一応、日本最大規模をうたっております。バイオマスの発酵槽というタンクになります。生ごみなどを集めてバイオガスを作っている。」 タンクの中に入っているのは集めた生ゴミと、下水処理で出た汚泥です。汚泥に住む微生物が生ゴミを分解する過程で可燃性のメタンガスが発生。そのガスを発電に使っているのです。施設の担当者に、特別に中を見せてもらうと… Q. 表面に無数のあぶくが泡立っていますね。これがバイオガス? (正岡卓さん)「生ゴミが燃料となってメタンガスを出している状態」 Q. バイオガスを生んでる瞬間ですね。 (正岡卓さん)「(下水汚泥に)生ゴミを加えて、さらに発酵が進む。下水だけよりも約2倍のガスが出ることになる。」 生ゴミも汚泥も以前は多額の費用を掛けて処分していました。それが、この施設を活用する事で年間3億円の経費節減、発電による収入も年間3億円。合わせて6億円の効果を生む“資源”へと代わったのです。 Q. 浮いた経費はどうしてる?  (正岡卓さん)「下水道もかなり古くなっておりまして、更新費用に充てさせてもらっています。生ゴミをエネルギーにということは良いことばかりだなと思います。」 しかし、この事業…「生ゴミ」を「燃えるゴミ」と分別して出す必要があるため、37万人の市民の協力が欠かせません。 (豊橋市民)「(当初は)めんどくさいなあって。でも、エネルギーになるのならっていう感じで協力したいなっていう感じです。」 「もう習慣づいていますね、もう慣れました。いい取り組みだと思うんですけどね」 (正岡卓さん)「もちろん市民の協力が一番大事。家庭の中、街の中、どこにでもエネルギーは眠っている。日本は決して資源が全くないということではない。こういった取り組みをやっていくのが良いと思う。」 一方、大阪のベッドタウン大東市。この街に眠っていた資源は… (山口豊アナウンサー)「今、一気に落ちました。すごい量ですね。これは全て剪定作業で出てきた“木のゴミ”です。これもエネルギーになるということなんです。」 大東市で活用されているのは「木のゴミ」定期的に剪定される街路樹や学校の木が、この施設に集められます。 さらにマンションなど建築現場で生まれる廃材や古くなった家具も立派な資源です。集まった木材は細かく砕き、「バイオマス発電」の燃料に。 この発電所を運営するのはTJグループホールディングス。今、注目を集めているのには理由があります。 (TJグループホールディングス 東野隼士社長)「多種多様な木々を使って発電する、いわゆる「都市型」と言われる発電所でございまして。」 実は街路樹は水分を多く含んでいるため、そのままでは発電に向いていません。乾燥している廃材と混ぜる事で発電効率をアップさせているんです。日本全国で約100か所程度バイオマス発電所があるんですが、この都市型と呼ばれるハイブリッド型の発電所というのは、数える程しかおそらくないと思います。」 およそ5万7千世帯の大東市内にあって、ここでは1万世帯分の電力を発電することが可能。売電収入は年間およそ12億円です。さらにバイオマス発電で生み出された電気は大東市がすべての公共施設や学校に導入。これにより大東市も電気代がおよそ10%、年間およそ1000万円の経費削減につながっているといいます。 (TJグループホールディングス 東野隼士社長)「産業廃棄物の木くずにしても公園から出る一般廃棄物の木くずにしても、都市部において、人口に比例して多く発生するもの。都市部であれば何を目的にするのかを考えた時に、十分資源は眠っていると思います。」 7月3日『サンデーステーション』より

news.tv-asahi.co.jp

© Pacific Bridge Media and Consulting, Inc. All Rights Reserved.

Version 1.0